福島で100の課題を打開する アーカイヴからつくる未来

復興アドバイザリー

復興アドバイザリー事業

【内容】復興支援団体(直接支援・中間支援)、助成金を出資している団体、行政機関、全国の企業などと連携し、プロジェクトの顧問としてアドバイスを行います。

【目的】各団体が関わっているグループについて、現場感覚ではつかみきれない、グループ全体の傾向を情報提供することで、より効果的な事業を行えるようにするためです。
例1)
県内の幼稚園に対して、子どもや保護者に関する困りごとを客観的に捉えるための視点の持ち方や、解決のために考えられる方法などをアドバイスした。
例2)
復興支援団体が、事業を集中化するために、支援対象者・支援対象地域の生活課題を調査によってアドバイスした。

〇お申込み・予算
応相談(ご寄付)
info@fukushimagaku.net

Copyright © 福島学研究所 All Rights Reserved.