福島で100の課題を打開する アーカイヴからつくる未来

エクスカーション

「エクスカーション」―福島県浜通り・視察研修プロジェクト―

【内容】原発避難区域を専門家(開沼・社会学者)がご案内します。
見学しながら、この地域に昔からある傾向を、客観的なデータを使ってわかりやすく解説します。
これによって課題の「背景」の理解が深まり、自分とリンクして考えやすくなるため、具体的な支援の行動ができるようになる効果があります。
行程は、いわき駅発着の貸切バスで、主にいわき市・広野町・楢葉町・富岡町をめぐる丸1日のスケジュールです。東京からも日帰りが可能です。

【目的】福島県の復興を具体的に加速することや、これを教訓として全国・全世界の地方の課題を予防・改善することです。
原発避難区域の状況は、単純に見たり聞いたりするだけでは、思考停止になってしまうことがあります。なぜなら、ショッキングな景色や、一見してすでに復興したように見える場所もあるからです。
しかし、当団体では、見学しながら、「見学では見えない地域の背景や課題」を、社会・歴史・地理などの学術データをもとに、わかりやすく解説します。
これにより、福島県の復興のために具体的にどのように行動すればよいか考えやすくなります。また、福島の課題は全国・全世界と共通であることが理解でき、自分の町・自分の立場(職業など)でできることを考えるための機会になることと存じます。

○行程(例)
—————————————————————————–

(※前日までに事前学習をお願しています)

10:30いわき駅前集合・貸切バス出発
11:15-12:45 広野町(商店街・駅・直売所)
12:45-13:15 昼食(Jヴィレッジ)
13:15-14:45 楢葉町(岬・仮置き場・民家)
14:15-15:45 富岡町(スーパーマーケット・駅・桜並木)
15:45-17:00 浪江町経由・いわき駅着(商店)
17:00-18:00 ワークショップ
18:00いわき駅解散
—————————————————————————–

・エクスカーションの例

tenjinmisaki thermalpowerplant

tomiokastation hironostation

workshop

 

・ご案内(表紙・背)/(本文)
excursion_handout1 excursion_handout

○お申し込み・予算
ご寄付についての案内をご参照下さい。
http://fukushimagaku.net/about/

〇お問い合わせ先
info@fukushimagaku.net

Copyright © 福島学研究所 All Rights Reserved.